シナリオライターの募集に応募しようと思ったら

webライターの仕事の中でも、シナリオライターは楽しそうな印象があり、やりがいを感じるように思うのではないでしょうか。
シナリオは、面白いゲームや漫画が生み出される上で非常に重要です。シナリオライターは、その企画の成功について大きな鍵を握っています。
楽しく夢のある仕事ですが、シナリオライターをするにあたって必要なことをまとめました。
やりたいと思ったときに、自分ができるかどうかの判断材料にしてください。

作品を1つ以上仕上げたことがある

シナリオライターに興味を持つ人なら、作品のアイディアが浮かんだことがあるのではないでしょうか。
シナリオライターには、まず作品を仕上げ完結させる力が必要です。

作品を1つ仕上げると、シナリオ全体を通して良かったところと悪かったところを振り返ることができます。自分のクセも把握することができますし、作品を仕上げること自体がシナリオ構成力につながります。
自分がシナリオライターをできるかどうかの、判断基準になります。

とにかく本を多く読むことができる

シナリオライターの活動を続けるなら、とにかく多くの本を読む必要があります。シナリオライターとしての構成力や発想を磨くためです。

良い作品も面白くない作品も、両方読みましょう。
両方読むことで、良い作品の共通点や取り入れられることがわかりますし、面白くない作品を通して気をつけることも学べます。

自分のこだわりをある程度捨てることができる

シナリオは、自分の描きたいことだけで構成はできません。
要望に応えながら、面白いものを生み出していく必要があります。
シナリオの構成上、やりたかったことをボツにしなければいけないこともあります。
人の要望に応えながら、自分の個性を出していくことが大切です。

シナリオライターをやりたいと思ったときに、以下のことを確認してみましょう。

  • 作品を1つ以上仕上げたことがある
  • とにかく本を多く読むことができる
  • 自分のこだわりをある程度捨てることができる

関連記事:

    None Found