パチスロライター募集に応募するときに参考にすること

webライターの中には、パチスロに関するライティングの仕事をしている人がいます。
パチスロライターは、自分が実際にパチスロを打ったり攻略を調べながら記事を書きます。
自分が読みたいと思うネタを拾っていくことが基本になります。具体的に、どんなことが書かれている記事が読まれるかをまとめました。

攻略を考察している

パチスロ記事を見る人が一番知りたいのは、台の攻略です。
攻略できれば勝つことも多くなりますから、わかりやすく攻略を載せている記事は多くの人に読まれます。
そのため、実際に打ちに行ってパターンを把握し、どんな特性なのかを分析し、その台で勝つ方法を自分なりに考察することが必要になります。
台ごとの狙い方や楽しみかたを紹介して、勝つ可能性が高くなる方法を載せていきましょう。

勝ち負けを面白くネタにしている

パチスロの記事を書くなら、自分の勝ち負けをネタにできることは強みになります。
もちろん勝っている記事のほうが自分は気分がいいかもしれません。しかし、「負け」の話がないのも嘘くさくなってしまいます。
どんな展開でどのくらい勝ったのか、そのストーリーを楽しむ人もいます。
体験談を参考にして、台の流れを把握する人もいるでしょう。
勝っているときも負けているときも、両方記事のネタになります。
自分の収支すらネタにできる図太さを培うと、面白い記事を書くことができるようになります。

自分のスタイルをうまく表現できている

ただ勝ち負けを書くよりも、自分の確立したスタイルをうまく表現して、面白さを出すと個性が発揮できます。
読み物として楽しんでいる人もいるため、共感できる記事がいい場合もあります。
自分にはできない打ち方を見たい人もいるため、自分がどんなタイプなのか客観的に知り、スタイルを確立していきましょう。
読まれるパチスロの記事を書くポイントは、以下の通りです。

  • 攻略を考察している
  • 勝ち負けを面白くネタにしている
  • 自分のスタイルをうまく表現できている