ライター募集に応募するときに確認すること

副業をしようと思ったとき、自宅でできるライターの仕事を考えるかたは多いのではないでしょうか。
ライター募集に応募しようと思ったとき、どこに応募するか迷いますよね。
副業として、自宅でできるライティングを始めるために、応募する前に確認するといいことをまとめました。

ジャンルを確認する

ライターを募集しているサイトは、検索すると多く出てきます。色々なジャンルを取り扱っているところもあれば、特定のジャンルだけのところもあります。
自分が書きやすいジャンルや、知らなくても書けるジャンルを扱っているところを確認し、絞ってみましょう。
募集している情報は、こちらのサイト(http://matome.naver.jp/odai/2135339442357140801)で紹介されています。

報酬を確認する

一ヶ月でこなすことができそうな仕事量と、報酬を確認しましょう。
ライターの仕事を始めてから、今後どの程度増やしていけるか目標を立てておきます。
最初は時間がかかってしまい、思ったほど報酬はもらえないかも知れません。しかし、慣れてくると多くこなせるようになり、報酬が上がってきます。

ただし、苦労のわりに報酬が見合わないのなら、内容や生活スタイルと照らし合わせて見直すことも必要です。
応募要項やサイトの体験談などから報酬を確認しておきましょう。

応募先のスタイルが自分に合っているかを確認する

応募先によって、課題の出し方や書き方が変わってくることがあります。
ライターとして活動していく上で、依頼方法や書き方の指定が自分に合っているかを見極める必要があります。
合わないところで文章を書き続けるのは、なかなか大変です。会社によってニーズも違うため、合うところで書き続けるほうが年収に直結していきますし、意欲的に仕事を請けることができます。
特に、未経験からライティングの仕事をしていくのなら、経験を積みやすく、スキルアップができそうなところを選んでいくといいでしょう。

ライター募集に応募する前に確認するといいことは、以下の通りです。

  • ジャンルを確認する
  • 報酬を確認する
  • 応募先のスタイルが自分に合っているかを確認する

関連記事: